ほぼお笑いのこと

ライターみらいの趣味ブログ。お笑いを愛している。@miraitokako0929 インスタもやってますー!

「四千頭身」がオールナイトニッポン0(ZERO)の芸人最年少パーソナリティになれたわけ

 

 

 

まずはこちらの記事をご覧ください。

 

natalie.mu

 

敬愛する『お笑いナタリー』さんの記事ですね。関係のない話なのですが、私はお笑いナタリーさんの愛読者で、ナターシャさんの採用情報サイトを血眼で確認するのが日々の日課でございます。

 

というのは置いといて、「四千頭身」です。

やっぱりすごく注目度が高いみたいで、このサイトを見てくれている人の9割が前投稿した四千頭身石橋さんの必要性を問うた記事なんですよね。あれを書いたのは1月半ばでしたが、あれから4か月くらい経ちまして、彼らは順調に出世をとげているわけですよ。

 

 

miraitokako.hatenablog.com

 

というわけで今日も四千頭身の話をしたい。するぞ。

 

四千頭身4月からオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)の木曜パーソナリティになりました!

 

 

f:id:miraitokako:20180508150557j:plain

(お笑いナタリーより拝借:https://natalie.mu/owarai/news/274730

 

 

すごい。芸人としては歴代最年少パーソナリティらしい。あと、トリオ芸人でニッポン放送でパーソナリティを務めるのは1999~ネプチューンぶりとのこと。すごい。

 

私はラジオが大好きで、特に芸人さんのラジオはだいたい聴いてるんですけど、特に好きなのは『三四郎オールナイトニッポンゼロ』と『霜降り明星のだましうち!』と『ハライチのターン!』なんですけど、まさか四千頭身が食い込んでくるとは思わなかったんです。

 

実力不足だとか向いてなさそうとかではなくて、単純にすごく若いから。霜降り明星も若いは若いけど、それでも25.6歳ですよね。四千頭身は全員21歳ですよ。サークルとか入って毎晩鳥貴族で「ハートたれ」をむさぼり食ってる年ですよ。私21歳の時本屋でバイトしてたんですけど、ろくにレジ打ちもできなかったですよ。

 

この年でまるまる1時間、自分たちだけで電波の上で喋る。それが卒なくこなせるとしたら末恐ろしすぎて震えます。

 

ナタリーさんの記事よると、選出理由は

 

「3者3様の雰囲気と、それらが合わさってできあがる独特の空気感。舞台上だけでなく、面接のときですら感じられる異質さに将来性を感じた」

 

ということらしいです。

 

「3者3様の雰囲気」「独特の空気感」「異質さ」。

 

うーん結構抽象的ですけどとりあえずこんな理由で選ばれたみたいです。で、結局「将来性」がずば抜けてるんだろうなと。私がいつも3人を見ていて思うのは圧倒的な「場慣れ感」。あんなに若いのに、おどおどしていたり緊張している感じがしないんですよね。5歳くらいから舞台立ってないとあんな貫禄でないと思うんです。

 

でもでも、彼らが長時間フリートークしてる姿って想像あまりつかない。ということで、ラジオが開始された4月1日から毎週ラジオを聴いてみたんです。

 

ラジオを聴いてみて思ったこと

 

結論から言うと、ながらラジオとして最高なんじゃないでしょうか!!

 

という感じです。まず、記念すべき第1回から安心して聴けました。若手芸人さんのラジオ第一回って(『ハライチのターン!』の初回放送風の回でも言ってましたけど)猛烈な緊張感がこっちまで伝わって聴いてる側も緊張しちゃうものなんですが。そういうのいっさいなかった。

 

最初から後藤さんの落ち着いた囁きと、都築さんの安定したハイテンション、石橋さんの慎ましやかさがうまく融合していてもはやヒーリング効果すらありました。だから、何かしながら聴くのに最適。作業を邪魔しないゆるトークでした。

 

3者3様の雰囲気と、それらが合わさってできあがる独特の空気感。

 

っていうのがすごくよく分かった。今まで聞いたこともないような独特な空気感。でも、嫌な感じは全くしないし、東京の芸人さん(出身は石橋さん以外違うけども)だけあってなんとなくシティでポップな感じがしました。

 

3者3様の雰囲気

後藤さん:お決まりのまったり囁き健在。ネタだとツッコミだったけど、ラジオだと意外とボケにまわることが多いのに驚き。そして、少しばかりとがっているイメージだったけど意外とかわいらしい。都築さんのことを「つづちゃん」って呼んでたり。

 

都築さん:ずっとうるさい(超誉め言葉です、関係者各位どうかお許しを)。

 

石橋さん:控え目ながら良い味を出している。生放送にも強いし度胸もあって肝も据わっている。予想以上だった。多分彼は今後、現場レポの王子みたいな呼び名がつくと思う。

 

独特の空気感

ラジオのコーナーに「滝」というドシンプルなネーミングのものがあります。滝が好きな後藤さんに向けて、リスナーがおすすめの滝をプレゼンしたりふざけたりするコーナー。大癖ってわけではないけど独特だなあ。

 

異質さ

ツッコミ役をつづちゃんが買ってでているおかげで、全体的に心地よい錯綜感が出ている。一番異質なのは石橋さん。口数は少ないけど、喋りだすと空気が良い意味で混沌とする。三四郎相田さん路線で輝きそう。

 

 

 

先週の放送がごにょごにょあって配信停止しちゃったりしてるみたいですが、何はともあれ伸びしろありまくりのゆるラジオだと思います!

 

すごいのは「若いなあ、フレッシュだなー!」ってかんじで勢いでなんとかなってる明るい新入社員的な感じではなく、実力がベースにあって、安定して聴けるラジオとして仕上がっているところ。彼らの今後が楽しみでなりません。

 

皆さまも、芸人最年少パーソナリティの注目トリオ芸人『四千頭身オールナイトニッポン0(ZERO)』ぜひぜひ聴いてみてくださーい!