ほぼお笑いのこと

ライターみらいの趣味ブログ。お笑いを愛している。@miraitokako0929 インスタもやってますー!

新・ワードセンス系芸人『東京ホテイソン』から目が離せない

 

こんにちは、最近お笑いライブに行けてなくてテンションがさがっているみらいです。最近は誰がアツいの……?卯月って解散したの?

 

早速ですが今日紹介したい芸人さんはというと……

 

 

f:id:miraitokako:20180825203937j:plain

東京ホテイソンinformation (@tohote_info) | Twitterより拝借)

 

 

東京ホテイソン!!

 

グレープカンパニー所属の結成4年目。ツッコミのたけるさん(左)、ボケのショーゴさん(右)からなるコンビ芸人。若手お笑いライブでは常に爆笑を取り、『日曜チャップリン』や『おもしろ荘』、『欅って、書けない?』など順調に地上波進出を果たしている)

 

ぱちぱちぱち。

 

もうテレビで見たーって方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?去年はM-1グランプリ準決勝まで進み、名実共にスターダムをのし上がっていきそうな気配がぷんぷんしますね。

 

そんな彼らの特徴とは、ずばり新時代のワードセンス系芸人だということ。

 

◆ワードセンス系芸人とは

 

ワードセンス系芸人とは私が勝手に使っている言葉なのですが(既にある言葉だったらすみません)、主にツッコミの言葉のセンスで笑いをとる芸人さんのことです。

 

漫才や平場のトークなどの掛け合いでは、その状況に対する的確なツッコミは必要に重要な役割だと思います。その中でも、ツッコミに強い色があったり、他の人にはできない独自の表現で面白くつっこめる人は……バラエティでものすごく重宝されると思います。

 

バラエティで重宝されるということはどういうことか。

 

売れまくるということなんです。

 

◆活躍しているワードセンス系芸人って?

 

じゃあワードセンス系芸人ってどんな人?ということで、私が思い付く芸人さんをあげてみます

 

・千鳥 ノブ

超絶ド定番のワードセンス系芸人ではないでしょうか。今や千鳥をテレビで見ない日はないくらいの活躍ぶり。クセがすごいツッコミで一世を風靡したといっても過言ではないですね。

 

ブラックマヨネーズ 小杉

 

小杉さんと言えば薄い頭皮などをいじられがちですが、数多いる薄毛芸人のなかでもピカイチの返しができるワードセンス芸人さんだと思っています。彼をいじれば絶対面白い言葉が返ってくるので、制作サイドからも芸人からも信頼度絶大。

 

フットボールアワー 後藤

 

「スマートすぎる例えツッコミ」で脚光を浴びる後藤さん。彼の口から発せられる的確で気持ちの良いツッコミはもはや芸術の粋。

 

三四郎 小宮

小宮さんは生まれ持ったワードセンスを駆使して売れた芸人と言っても過言ではありません。「お笑いであれ」「奇天烈なボケ」「バチボコ」など、語感が良く小気味いいワード多数。

 

霜降り明星 粗品

 彼はもともとピン芸人でフリップネタを得意としていました。これも、全力でボケ倒しているフリップに対し独自の短文言い切りツッコミを入れていくというもの。霜降り明星のネタとしては「野党か!」などが有名ですよね(しかし、これはせいやさんが考えた言葉らしいので深くは触れないようにします)。

 

 

※ちなみに……個人的にはワードセンス系芸人の巨匠ってやっぱりダウンタウンの松本さんだと思うんです。しかし、お笑いが好きすぎてダウンタウンの「ダ」の字を打つだけでも震えてしまい正気でいられなくなる私にはうまく論じれる自信がないのであえて触れません。

 

◆さて、話を東京ホテイソン戻します

 

というわけでワードセンス系芸人についてお分かりいただけたところで、東京ホテイソンに戻ります。

 

彼らはまだまだコンビ結成4年目で、互いに20代前半というド若手でありながら、その冴えわたるツッコミのワードセンスが猛烈に注目を集めているんです。

 

彼らのネタの特徴は、独特すぎるツッコミの台詞回しです。

 

ツッコミのたけるさんが狂言のようなポーズとテンションで、ボケのショーゴさんのボケに対してマンキンの力でつっこみを入れるんです。

 

例えば「水族館」というネタでは、いわしをじっくりと眺め感嘆するショーゴさんに対し「いーや、クリオネの尺!!」とつっこみを入れます。このように、ある事柄を別の事柄にユーモラスに例えていく……ん?待ってください。お笑いのネタって文字にしても面白さ伝わらないですよね。ということで実際にネタをみてみてください!

 

youtu.be

 

youtu.be

 

 

 

◆まとめ

 

何が言いたいのかというと、新時代のワードセンス芸人、東京ホテイソンの可能性は無限大だということです。

 

彼らが平場でトークをしているところはほとんど見たことがないんですが、もしバラエティの場でも、あの「独特狂言例えツッコミ」が活きるとしたら、とてつもないスターになっていくと思います。

 

 

彼らの今後の活躍が楽しみですね!それではまたー!!