ほぼお笑いのこと

ライターみらいの趣味ブログ。お笑いを愛している。@miraitokako0929 インスタもやってますー!

「芸人」と「YouTuber」の垣根を超えた新星ものまね芸人『ガーリィレコード』に大・大・大注目だ!!

 

お笑いだいすきライターのみらいです。

 

ちょっと皆さん!あまりにも未来が明るそうな芸人さんが登場し、私の心も踊り狂っているんですよ!

 

ということで今回紹介したい芸人さんがこちら……

 

f:id:miraitokako:20180818003714j:plain

 

『ガーリィレコード』だあ!!

 

左がボケの高井佳祐さん、右がツッコミのフェニックスさんです。

 

もうすでにメディアやSNSの露出も多くて知っている人もたくさんいるかなあって感じなんですけど。

 

彼らはよしもと所属の若手芸人さんで、高井さんが藤原竜也に扮したカイジにものまねで人気を集めています。

 

www.youtube.com

 

 

他にも、ゲームものまねやミスチル桜井さんのものまねなどレパートリー豊富。

 

www.youtube.com

 

↑この動画の「痛いよぉ」のところ何回リピートしたことか。似すぎている

 

www.youtube.com

 

彼らはぜったいにこれから引くくらい売れると思います。ちょっと今私は震えています。

 

どうして、一見人の良い大学生のようにもみえる『ガーリィレコード』にこれほど震撼しているのか。ご説明させていただきたいと思います(ぶるぶる)。

 

◆芸人とYouTuberの垣根を超えた

 

まず前提として、所謂テレビスターである「芸人」(ここから敬称略とさせていただきますね)と、中高生の人気者「YouTuber」の間には相まみえることのできない大きな壁があったんです。

 

双方の支持層や求められていることというのはどうしても違ってきます。

 

芸人にできることがYouTuberにはできないし、逆にYouTuberにできることが芸人にはできなかった。

 

YouTuberが動画内で大喜利のような企画をすると、必ず「芸人の凄さを知った」というコメントが散見します。一方で、芸人がYouTubeにチャンネルを持ってもYouTuberほどの登録者数や視聴回数を獲得することはなかなか難しい。

 

そんななか、よしもとの芸人である『ガーリィレコード』は、YouTubeのチャンネル登録者12万人(※2018年8月時点)という数字と、安定した視聴回数をたたきだすことに成功します。(平均で60万くらいの視聴回数は登録者数100万人クラスのYouTuberとも引けを取りません)

 

また、YouTuber界の大スター『水溜まりボンド』とコラボも果たします。

 

www.youtube.com

 

これは由々しき事態だ!!いい意味で!!

 

◆お笑い芸人が売れるきっかけは今や賞レースだけではない

 

今までほぼ実現されなかった、芸人×YouTuberという図式を彼らは成立させたのです。

 

時代の流れと共に芸人の在り方も変化し、そして今、お笑い界にはひそやかな革命が起きていると思います。

 

例えば『きつね』さんもTik Tokに投稿したことがきっかけで中高生の間でも話題になり、少しずつテレビ露出が増えてきていますよね。今や賞レースだけが芸人にとって売れる近道ではなくなってきているんですね。

 

SNSや動画投稿サイトを使い、自らいくらでも発信できることが可能になった昨今。ブレイク前夜の芸人をネットで見守り応援できるのはとても嬉しいことですよねー!

 

◆人気の理由は?

 

それにしても、『ガーリィレコード』の溢れ出るスター性はどこからくるのか。

 

f:id:miraitokako:20180818011856j:plain

 

「どうしてだよお!!!!!」

 

って、気になっている人もおられるのではないでしょうか。

 

個人的意見になりますが、思いつく限りでその理由をあげていきたいと思います。

 

①人柄

 

動画などを見ていると分かるのですが、なんかとにかくいい人そう。部屋もちょっと小汚い感じが生活感あって親しみやすい。

 

②ものまねのクオリティが高いし、チョイスの妙

 

単純にネタがおもしろいし、ものまねがすごく似ていますよね。チョイスも絶妙で、万人受けする藤原竜也さんやミスチル桜井さんをもってきたかと思うと大乱闘スマッシュブラザーズやゲーム実況者などもコアなものまねもできて、とにかくレパートリーが豊富。

 

高井さんは第2のロバート秋山さんになりえるんじゃないかなあ……

 

③コンビバランス

 

売れる芸人さんはコンビバランスが良いことが多いですよね。『ガーリィレコード』も、ボケの高井さんが基本的に目立っていますが、ツッコミのフェニックスさんの冷静さと安定感も見過ごせないものがあります。うーん、なんか、なんだろう。タイムマシーン3号的安心感とでもいいましょうか。そういうものがある気がします。

 

④露出度

 

YouTubeでチャンネルをもち、コンスタントに動画を上げ続けていることで露出度が高まり人気が獲得できたというのは大いにあると思います。毎日見続けているといつのかにか好きになっていたりしますよね、まるで隣の席のあの子みたいに……ん、ちがう?

SNSで動画が拡散されたことも、YouTubeを見る層から受け入れられた要因かもしれませんね。

 

 

 

ということで、きっと『ガーリィレコード』はこれからもっとYouTubeでの露出もテレビでの露出も、相乗効果のようにぐんぐん増えていくと思います。ぜひぜひ注目あれ!!